2011年08月20日

スーパー100[小さい子]

「節電」をキーワードにしましたら、

昔ながらの日本の夏の過ごし方に行き着いたように思います。

よしず、すだれ、風鈴、かき氷、うちわ、打ち水、風の通りみち・・・

暑い日には、透明感をイメージするものを愛でるのは、

日本人の本能なのでしょう。

私が工房で使っています電気炉は、主に2種類。

「額・花火」のようなハガキ大のものや

窯変釉薬七宝を焼成する時に使う中型電気炉(SF-2)


そして、小作品やお稽古の時に使うスーパー100

ちなみに、私は、スーパー100を「小さい子」と呼んでおります。

この子がエライ!!

電子レンジと同じW数(400W)で、たいていの仕事をこなします。

特に夏はこの子が大活躍。それは、ガラス作品の担当。

ベネチアン板ガラスをカットし、ミルフィオリや七宝釉薬を使い

昨品を作るのですが、繊細な温度管理が必要です。

そこで、

炉内温度のデジタル表示がある「小さい子」の独壇場、となります。

少し前、ガラス小物を作る体験塾を企画しましたが、

好評で、この子はひと夏、フル稼働でした。

ガラス作品.jpg

山形県上山市にあります「日本の宿 古窯」様に

長いこと、当工房くじゃくの作品を置いて頂いております。

担当のGさんがいつも美しくデスプレイしてくださっております。

「季節柄、ペンダントを中心に・・」というご要望でしたので、

この夏、七宝作品の他に、

ガラスペンダントも何点か制作いたしました。

どうぞ、お近くにおいでの際は、

古窯様にて、「小さい子」の仕事ぶりをご覧下さいませ。


荘内屋工房くじゃく  佐藤美都子


日本の宿古窯】様ホームページへ


ペットのお世話はお任せください!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形(市)情報へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
posted by Koji Sato at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

たからもの

お稽古をしておりますと、予期せぬ事が起こります。


予測できない自分の未熟さを反省しつつ、

その都度、新しい[たからもの]を

生徒さんから頂いております事に感謝して、

今日も炉に向かいます。


 
さて、Aさんのお稽古日。

思いがけず、彫金銅板のサンプルを手にします。


私の頭の中には、瞬時に2つの七宝釉薬の候補が。

でも、どっち?


当工房くじゃくでは、お稽古や作品制作の為に使うメインの釉薬は約180種類。

制作を繰り返しながら、色と名前を体得していきます。

 

迷いを振り切り、1つに決め、焼成。

うーーーん、ちょっと違う・・・。


また迷わず、もう一つの候補色をのせ、今度は

温度も変えて、再びトライ!

ガーベラ.jpg

炉から出た瞬間「大成功!」を確信。


2つの七宝釉薬を使うことで、色の深みが、

2回焼成したことで、美しい光沢が増して、

完全にサンプルを越えていました(拍手!!)


Aさーーん、今度、作品の写真撮らせてくださいねーー。




荘内屋工房くじゃく  佐藤美都子
posted by Koji Sato at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

制作の動機はネコ、そして,,,,花火

私の好きな七宝技法のひとつに「描写七宝」があります。


「ひかり・ササユリ」でもご紹介していますが、

ホワイトベースにマーカーペンでデザイン構図を焼き付け、

彩色していく技法です。

また、すでに、構図がプリントされている材料もあります。

まだ充分に七宝釉薬を使いこなせずにいる日々に、出会ってしまったのです。

「ネコ」に・・・。

 
夜空いっぱいの花火を見上げるカップルのネコ2匹が

シルクプリントされている描写七宝材料に出会ってしまったのです。

花火.jpg[額・「花火」画像]


このネコ達に夢中になった私は、自分の未熟な技術力をもかえりみず、

この作品に取り組みました。

花火・ネコ2.jpg
空に広がる火花のしずく

ひとつひとつの彩色は、

忍耐と精神力の持続が

要求され、

今思えば、修行、あるいは、

熱病・・・?

だったかもしれません。











毎年、この季節になると、必ずどなたか一人挑戦する生徒さんがおります。

悲鳴をあげながらも、完成目指して、

奮闘する生徒さんに私は心の中で呟きます。

「熱病だからね・・抜けるまで、頑張れ!」

この熱病のあと、私は、限りない達成感と多くの七宝釉薬を知りました。

大好きな技法と出会い、

何より、もっと七宝が好きになったのは、いうまでもありません。


東北復興の思いを込めた「花笠まつり」が終わると、

山形県内では、各地で花火大会が開催されます。


荘内屋工房くじゃく  佐藤美都子

【七宝額絵「ネコと花火」】商品ページへ
posted by Koji Sato at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

感謝!!

作品のきっかけは、お客様からのリクエスト!!

お稽古の前には、

自分の中からのイメージを具現化して、

試作などの作業があります。

毎月2回出稽古させて頂いているSグループ様から

「時間をかけて、少し手の込んだ物を作りたい」

と言うご希望がありました。

メンバーの皆さんは10年越しのベテランさんも多いグループです。

皆さんの七宝歴や、お稽古時間等考慮してサンプルを作りました。

サンプル.jpg


今まで習得した技法を組み合わせて丁寧に作業を重ねて行ったら、

新しい作品になりました。


tn_KKP11002.jpg



タイトルは「夜の海」です。


今のところ、私の中で、かなりお気に入りです。

Sグループ様に感謝!です。


荘内屋工房くじゃく 
       佐藤美都子


【七宝ペンダント「夜の海」】
posted by Koji Sato at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

山形県庄内でお会いしましょう!

昨日は、終日、七宝作品の制作にかかりきり。

様々な材料に、各技法をマッチングして、作り上げます。

イメージ通りに焼き上がるのは、勿論嬉しい事ですが、

もっとテンション上がるのは、予想外の出来上がり!


これだから、やめられないのかも…

20110728庄内分1.jpg


私のワクワク達は、

今日の午後には、山形県の庄内で、お店に並んでいるはずです。

20110728庄内分2.jpg

山形県鶴岡市の「庄内観光物産館」様に、

40点ほど置かせて頂いております。

20110728庄内分3.jpg

どうぞ、お立ち寄り下さいませ。

ご縁をお待ちしております。



荘内屋工房くじゃく  佐藤 美都子
posted by Koji Sato at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。