2010年03月25日

「愛」がストラップになる その2

前回の続きです。

愛立体化&チェーン.jpgトレースした画像から

  3D画像を作成しました。

ただ、このままでは

  まさに「絵に描いた餅」

この画像と全く同じに

  出来るとは限りません。

次にサイズを設定する。

  ストラップとして、あまり邪魔にならず尚かつ有る程度存在を主張する大きさ。

       約15mm×13mm×1.5mm

素材を設定する→ダイキャスト(アンチモニー)
  Image1.jpg

で、特に気になる部分に

  矢印を付けて工場に依頼しました。










一回目.jpg

1回目の工場からの回答は

  左下図の濃い部分は抜けないとのこと

オッ!意外と大丈夫じゃん

  と、安心していました。

ところが、、、、、





いざ、サンプル作成の段階になって、
2回目.jpg

表は画像のイメージ通りでも

 裏を少し厚めにしないと作成は難しい

と、連絡が入りました。

  





次回へ
posted by Koji Sato at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ストラップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

「愛」がストラップになる その1

昨年のNHK大河ドラマ「天地人」の主人公

        直江兼続といえば、あの「愛」の兜

その「愛」をストラップに

       という依頼を受けて作成しました。

まずは、基本のトレース

「愛」-原本.jpg
兜の画像から

  「愛」を切り取る








「愛」-アンカー.jpg

アンカーポイントが

  多ければ多いほど

    線は細やかになる






「愛」-彩色.jpg

2Dの彩色


  この絵を元に立体画像を作成する







愛簡易立体化.jpg

だいたいのイメージで

  立体画像に








愛面取り.jpg
面取りを指定するために

  面取りの画像も作成しておく





愛立体化&チェーン.jpg
ボールチェーンを追加して

  3D画像の出来上がり









これらの画像を元に作成を依頼する

   工場と打ち合わせをしながら実際のストラップに近づけていく。

次回へ
posted by Koji Sato at 23:10| Comment(1) | TrackBack(0) | ストラップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。