2011年09月08日

秋月編・錦秋

七宝工房くじゃくでは

初めての方へ

七宝体験塾をご用意させていただいております。


今日は[錦秋]を

ご紹介致しますね。


tn_錦秋.jpg[錦秋]


純銀の薄い箔を、

七宝釉薬に散らして、

錦秋の色彩七宝釉薬を

綺麗に焼き重ね合わせて、

輝く焼成!


楽しい秋の日を

ご一緒にすごしましょう。


七宝工房くじゃく  佐藤美都子


七宝体験塾・秋月編




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形県情報へ
にほんブログ村
posted by Koji Sato at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼を作ってみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

遠方からのラブコール

夏の終わりの数日間に

「七宝をやりたいんですが、、、、」

というご相談を続けていただきました。


遠い昔に数回やった方、

長くおけいこに通い、ご自宅で焼きたい方、

新しい表現の為に、新たな七宝の色を使いたい方。


どなたからも、七宝にかける

「熱い思い」が、ひしひしと伝わってきます。

tn_錦秋.jpg[錦秋]


お隣に添って直々のアドバイスが出来ない

遠い地からの熱いラブコールに

今、私ができる事を精一杯お伝えしています。

皆さん、ご一緒に、長〜く七宝を楽しんで行きましょうね。



七宝工房くじゃく 佐藤美都子


七宝体験塾「秋月編」




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形県情報へ
にほんブログ村
posted by Koji Sato at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼を作ってみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

秋月編・[散歩道]

七宝工房くじゃく では、

多くの方に七宝を楽しんで頂けるように

七宝体験教室をご用意いたしております。

今日は、

秋月編から[ペンダント・散歩道]をご紹介しますね。


散歩道.jpg[散歩道]


魔法の窯変七宝釉薬を使い、

驚きの楽しさを味わって頂けます。


勿論!

初めての方でも

大丈夫ですょ。

七宝体験塾「秋月編」


七宝工房くじゃく

佐藤美都子



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形県情報へ
にほんブログ村
posted by Koji Sato at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼を作ってみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

釉薬の魔術師

メタル七宝釉薬の窯変釉薬は、

七宝電気炉で焼成する時の温度で、

発色が大きく変化します。


一度、窯変七宝釉薬を

丁寧に盛り付けて

800度で焼成すると、

並温焼成.jpg[並温焼成]

安定させた状態で、

焼き切れる恐れがないかを確認して

神経を集中させて

いざ、炉の中へ!

900度の、熱気に負けないで、

900℃の電気炉.jpg[900℃の電気炉]

短時間の焼成!



魔法の窯変で

一気に変化!

美しく生まれかわります。

紫式部.jpg[紫式部]

この楽しさを、

お伝え出来れば、嬉しい限りです。


手(チョキ)参照:【魔法の言葉〜き・も・ち


七宝工房くじゃく

佐藤美都子



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形県情報へ
にほんブログ村
posted by Koji Sato at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼を作ってみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

魔法の言葉〜き・も・ち

手先が器用、技術が優れている等の具体的なものと同時に、

目に見えないものが作品を作り上げる事があります。

「窯変七宝」は、あらかじめ彫金されている銅板等と専用釉薬を使用し、高温で焼成します。

独特の光沢と色彩を放つ作品が、出来上がります。


技術的には、「窯変七宝釉薬を盛りつける」という、ごく単純なものです。


この「ごく単純」が、なかなかのくせ者!・・・そう、盛り方にちょっと工夫が必要です。


彫金がほどこしてあるという事は、銅板がデコボコしているという事です。

850〜900度で溶けた釉薬が、高い所から低い方に流れるのは、自然の成り行き。


つまり、今までのように、均一に盛ってしまうと、焼成した時、凸面の釉薬が流れてしまい、

極端な例としては、焼き切れてしまいます。


だからといって、釉薬を厚く盛ってしまうと彫金の美しさが現れて来ない・・・


「あーーー、どうしたらいいんですか???」

窯変青磁.jpg[画像:窯変迷路]

先人は一言。「高いところは、厚く。へこんでいる所は薄く。そういうきもちで盛りつけるんだよ。」


「き・も・ち」 この言葉を心に置くか否かで、作品の出来上がりが全く違う物になるのです。


ひかり輝く作品を前に、生徒さんの顔も満足感に輝きます。


「き・も・ち」 それは、魔法の言葉でもあるのです。


秋の体験塾にも窯変釉薬七宝を取り入れました。

一度、チャレンジしてみては、いかがでしょう?


工房でお待ちしております。


荘内屋工房くじゃく 佐藤美都子

Y窯変釉薬特別企画実施中!】へ


ペットのお世話はお任せください!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形(市)情報へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
posted by Koji Sato at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼を作ってみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。