2011年02月18日

《情熱》泥釉七宝上沼緋佐子個展 曙光

新聞に目を配りながら、呟くように

    「葉加瀬太郎って有名な人?」

「えっ?」(エ〜〜〜〜〜ッ!嘘?)思わず絶句!

    葉加瀬太郎氏を知らない日本人っているんだね?

世事には全く疎い彼女

   七宝作家上沼緋佐子女史である。

しかし、そんな彼女だから出来る作品がある。

  そんな彼女にしか出来ない技がある。

七宝の釉薬(絵の具)は

  絵の具を混ぜ合わせても新しい色は出来ない。

どうしても、表現したい新しい色が欲しいなら

  自分で釉薬から作るしか無いのだ。

彼女は、何回も試行錯誤し何年もかけて

  表現したい色を釉薬から作る。

だからこそ、出来る作品がある。

syokou.jpg





泥釉七宝平面作品「曙光」
 
作品寸法
227×165mm 

額装ガラス面寸法
510×390mm









七宝焼きに対する彼女の情熱はもの凄い!

   まさに情熱大陸級

曙光.jpg









泥釉七宝小筥「曙光」
 55×55×36mm












聖観音.jpg








泥釉七宝小筥「聖観音」
66×66×45mm














===泥釉七宝 上沼緋佐子展 曙光===========

日本橋高島屋6階美術画廊にて

平成23年3月16日(水)〜22日(火)

詳細は
http://www.shonai-ya.co.jp/koten.html

19日の午後2時からギャラリートークも開催されます。

詳細はフリーライター千種清美さん(皇學館大学講師)の

ブログで。
http://ameblo.jp/eien-ise/entry-10780668758.html

是非、会場に足を運んで見て下さい。
 

posted by Koji Sato at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。