2010年09月08日

青くキラキラ輝く、七宝ペンダントを作ろう!

カット銀箔とメルヘンブルーという綺麗な青い釉薬(絵の具)を使って、

               しずく形の七宝ペンダントの作り方(手順)の一例です。

tn_m-blue-pendant2.jpg左の写真は、

  作品例です。

材料のお求めは

  左の写真をクリック!

または、こちらから





青くキラキラ輝く、七宝ペンダント作りの手順

tn_m-blue1.jpg
@準備する物

  必要な釉薬
  (メルヘンブルー淡、中、A102黒)
  絵付け台
  ホセ
  脱脂液(薄い中性洗剤等)
  カットした銀箔
  ステンレス網
  細い筆
  CMC
  電気炉
  うつしベラ
  




A脱脂
tn_m-blue2.jpg
  今回の銅素材には

   裏引き処理が済んでいるので

  すぐ、表の盛りつけをします。

    銅素材表面に指紋等の油が

  有ると、釉薬がうまく乗らないので

    筆を使って油分を飛ばします。







tn_m-blue3.jpgB盛りつけ

  最初に、ベースになる色を

    盛りつけます。

  今回はA102黒

    










tn_m-blue4.jpgC盛りつけ2


   盛り残しが無いように

     そして、厚すぎないように!

   












tn_m-blue5.jpgDCMC


   銀箔をのせる前に

        乾いたときに

   落ちないように

     0.5%CMCをたらします。









tn_m-blue6.jpgE銀箔を置く

  出来上がりを

     あれこれ想像しながら

  カットされた銀箔を

     ベースの釉薬の上に

  置いていく


  




Ftn_m-blue7.jpg乾燥

  銀箔の配置が終わったら

    充分に乾燥させます。

  水分が無くなったのを

   確認したら、1回目の焼成です。










G銀箔のtn_m-blue8.jpg固定

  焼成後、

    電気炉から出したらすぐに

  ピンセットの背で

   銀箔をそっと押して


  浮いてこないように

         固定します。

  このとき、火傷をしないよう

    充分に気をつけてください。

Hメルヘンブルーtn_m-blue10.jpg

  いよいよ、メイン!

    メルヘンブルーを盛りつけます。

  中と淡の2色で

    色分けしたり、ぼかしたり

  色々、楽しむことが出来ます。

    
  今回は、

    濃いめの中を下方に

  薄い淡を

    上方に盛りつけしてtn_m-blue11.jpg

Iぼかし

  境目のところを

    少し混ぜ合わせてぼかします。

  充分に乾燥させたら

   最後の焼成をします。









tn_m-blue12.jpgJ完成

   出来上がり手(チョキ)


  枠に入らないときは

   周りをヤスリで削ります。

  このとき、

   傷やバリ、割れが入らないように

  充分気をつけましょう。

tn_m-blue-pendant2.jpg
七宝ペンダントの

     完成で〜す


 


 
blogram投票ボタン にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形(市)情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
posted by Koji Sato at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 七宝焼を作ってみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。