2009年05月26日

有線七宝「流れ星のペンダント」の作り方その3

b_s109x-2.jpg有線七宝をもっと気軽に楽しむ方法!!
    その3

使用する素材はこちらより
  →「シルバーペンダント素材セット」
 
いよいよ彩色です。


  今回の作品例ではバックをA012(墨)、

   星の部分をS350(淡黄)とS345(ゴールド)

仕上げにS302(銀用透白)を使用します。

b_s109x-3.jpg
まず、星の部分に釉薬を盛りつけます。
  出来上がりを考えながら、配色します。
作品例では、ゴールドが星の約1/3、
  淡黄が約2/3位ですが、
    その割合はお好みで構いません。
次に、周りに墨を盛りつけていきます。
 





ポイント:釉薬を盛りつけるときには、
銀線が変形しないように気をつけて作業してください。



 b_s109x-4.jpg



盛り残しが無いことを確認して

  充分乾燥させ、一度焼成します。






bx_s109x-6.jpg

一度目の焼成後、
  釉薬は銀線より沈み込みますので、
充分冷ましてから、
     二度盛りをします。
このとき、焼き上がった色の濃さを見て、



  • もう少し濃くしたい→同じ色を盛りつける

  • 濃さが十分  → S302銀透を盛りつける

 また、バックの部分は、墨と銀透を
    盛り分けて濃淡を付ける事も出来ます。
 
     充分乾燥させて二度焼きをして完成です。

 
b_tn_s109m.jpg
完成写真
七宝焼のオススメ企画やお得情報を
  メルマガでお送りしています。
よろしければ、是非登録を
  メルマガの登録・削除 

posted by Koji Sato at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 有線七宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。