2009年05月21日

有線七宝「流れ星のペンダント」の作り方その2

b_s109x.jpg 有線七宝をもっと気軽に楽しむ方法!!     

      その2 

切り取った銀線に

  指や一般のピンセットで

曲線を付けると

  写真の様に凸凹になることが有ります。

 

今回は、有線七宝を

  手軽に楽しむことがテーマなので

br_51_522.jpg

気にせずに進めますが、

  綺麗な曲線を付けたい場合は、

有線七宝には欠かせない
   七宝専用高級品ピンセットも有ります。

¥2,630(税込)

(写真をクリックで商品ページへ)

 

 

 

 

     さあ、ここからが有線七宝の醍醐味だよ〜!!

 b_s109x-2.jpg

使用する銀線が

  すっぽり入る位の大きさで

平たい容器に

  CMC1%溶液を淺く入れます。

 次にベースになる

   シルバーペンダント素材と模様有線パーツ「星小」&

  平銀線とのバランスを考えてだいたいの配置を決めます。

まず、メインのパーツ「星小」を

    先ほど準備したCMC1%溶液に軽く浸します。

*ポイント:模様有線パーツには合わせ目が有ります。

     この合わせ目以外をやさしくつまんで作業してください。

このとき、CMCを付けすぎると、色が濁ることが有るので、

    付けすぎには注意して、パーツ「星小」を

           先ほど決めた配置にセットします。

次に、「ほうき」部分の銀線を同様に

    CMC溶液に軽く浸して、バランスを考えて配置します。

充分乾燥させて、

   一度焼成して、銀線を固定します。

*ポイント:模様銀線パーツには、白っぽい付着物がありますが、

       これは、合わせ目を止めている白笈で焼成後無くなります。

 

                             次回は、いよいよ彩色です。

 

posted by Koji Sato at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 有線七宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。